2022/06/21

テスト対策ノートをつくろう!

2学期制の中学校は、もうすぐ期末テストの時期ですね。

定期テスト対策には、演習問題を解いてみて、自分の理解度を確かめることも大切ですが、

授業のときにとったノートを見直して、要点を整理することも役に立ちます。

そこで今日は、要点の整理が特に重要な科目である「社会」を例に、

テスト対策ノートのつくり方のコツをお教えします。

 

1.授業中にとるノート

授業中は、ノートをきれいにまとめることよりも、まずは学習内容を理解して、

それを後から思い出せるように記録することを心がけましょう。

先生の板書を参考にしながら、話の流れや関係性などを意識して、

見出しを付けたり、段落を分けたり、番号を振ったりしておくと、後から思い出しやすくなります。

また、ノートの端に線を引いてスペースを取っておくと、あとからノートを整理するときに役立ちます。

 

▼最初に取ったノート

 

 

 

2.テスト前に見直して整理しよう!

テスト前には、授業中に取ったノートを見直して、大事なところに印つけたり、

授業中ではよくわからなかったことや、記憶があいまいになっていたことを調べたりしながら、ノートを整理してきましょう。

 

① 自分のノートを見直して重要語句をチェックしよう!

  • どれが重要語句かわからない場合は、教科書を見て、教科書に太字で示してあるものは、マーカーや色ペンで目立たせておきましょう。
  • 重要語句は定期テストで出題されることが多いので、必ず書けるようにしておきましょう。

 

② 調べたことをノートに補足しよう!

  • ノートに書いてあることで意味がわからないものは、教科書や参考書で調べておきましょう。

 

③ 地図を使おう!

  • 地理では、場所や位置が重要です。ノートに書いてあることが、地球や日本のどこの地域のことなのかを確認しておきましょう。

 

④ 理由や原因を考えよう!

  • 重要語句を暗記するだけではなく、どういう理由でそうなっているのかを理解して、自分の言葉で説明できるようにしておきましょう。

 

▼テスト対策ノート

 

 

まとめ

ノートを整理すると、頭の中も整理されて、記憶が定着しやすくなりますし、

また、授業中であいまいな理解だったところが、はっきりしてきます。

定期テスト前につくったノートは、のちのち受験勉強のときにも役に立つので、

ぜひ自分だけのテスト対策ノートをつくってみましょう。